定期預金が満期になったら

定期預金が満期になったら、そのお金はどうなるの?

定期預金は、一度預け入れをし、満期に達した時点で、定期預金の金利が適用される仕組みになっています。では、満期になったら、その定期預金はどうなるのでしょうか。

一般的に、定期預金が満期になった自動的に解約するか、自動的に継続するかの2択となります。これは、定期預金に加入する際に、満期になったらどうするかを決定し、それに従って、満期時に自動的に対応が行われます。

自動解約の場合は、満期に達したときに、元金と金利を合計した額が、普通預金の口座に振り替えられます。この時点で定期預金は終了ということになります。

もう一方の自動継続に関しては、その名前のとおり、満期が来た時点で、同じ条件でさらに定期預金を続けるということになります。通常、金利は預け入れ日のものが適用されますが、自動継続に関して言えば、継続日のものが新たに適用されることになります。

そこで、定期預金が満期を迎え、自動継続をすることを選択している場合、それまでの利息はどうなるのでしょうか。その利息をどうするかと言う点に関しても、「元金自動継続」と「元利自動継続」の2通りの方法があります。

「元金自動継続」は、元金部分のみを自動継続し、満期になった時点までの利息に関しては、普通預金口座に振り替えられると言うしくみです。その一方で「元利自動継続」は元金プラス利息を新たな元金として、定期預金を自動継続すると言う仕組みになります。

元金が増えることになるため、その分、継続した際の金利も、新規に定期預金を始めたときよりも、若干アップする可能性も高まるのです。