積み立て型の定期預金

確実に貯金したい方のために…積立タイプの定期預金とは?

定期預金は、最初に一括で預け入れするというイメージがあるかもしれません。一度預け入れすると、その金額を増やすことも出来ず、途中で解約しない限りは引き出すことも出来ない…そんな印象があるかもしれません。かに一般的な定期預金の場合はそうなのですが、実は積立タイプの定期預金というものも存在します。

積立式定期預金と呼ばれる定期預金は、預け入れの期間と、毎月の預け入れ日とその金額を指定することで、その銀行の普通口座から自動的に指定の日に指定の金額を振り替えすることで積み立てていくと言うものです。

そのため、普通預金から自動的に定期預金への振り替えが出来るため、最初の申し込みさえしておけば、後はすべてお任せという、非常に手軽な積み立て型の預金なのです。

預け入れ金額に応じて、利率が決定されますが、一般的にはスーパー定期と呼ばれる300万円未満の定期預金と、スーパー定期300と呼ばれる300万円以上1000万円未満の定期預金で金利の体型は異なりますが、普通預金よりも金利は高く設定されています。

普通預金だと、どうしても引き落としが手軽に出来るために、思わず使ってしまう…という方も多いかと思います。しかし、定期的に定期預金へ振り替え、積み立てていくことで、確固たる貯金ができると言うメリットがあります。

貯金することで、大きな買物をするための資金にするなど、貯金への目標がある方にも大変オススメの金融商品であるといえるでしょう。