退職金専用の定期預金

老後の資金運用のために…退職金専用の定期預金がある!

長年勤めた会社を退職した際には、退職金と呼ばれるものが支払われます。

長年の労をねぎらって、その退職金を使って旅行に行くという方もいれば、老後の資金のためにしっかり貯蓄に回すという方もいらっしゃるでしょう。しかし、近年は不景気の影響もあってか、将来へのたくわえとして貯金しておくという方が増えています。

ただ、現在は超低金利の時代。普通預金に預けていては、どんなにたくさん預け入れても、金利は0.0…%と雀の涙ほど。とはいっても、株式や投資信託で運用をすると、せっかくの退職金が元本割れしてしまうかもしれません。将来のための貴重なお金…このように退職金を位置づけるのであれば、やはり堅実に貯金しておきたいところでしょう。

そこで、最近では退職金専用の定期預金と呼ばれる金融商品が注目を集めています。対象となるのは、退職金を受け取ってから1年とされており、その預け入れ期間は1ヶ月と短いものから、最長で3年と長いものまで様々です。通常の定期預金もよりもさらに金利が高いのが一般的で、0.5%という、今の時代では破格の金利を設定している場合もあります。

ただし、ネット定期であれば、さらに長い預け入れ期間で、より高い金利を得ることも出来ます。受け取った退職金をどのように使っていくか…しばらく使うあてがないのであれば預け入れ期間を長めに取ることで、高い金利を得ることも可能です。

普通預金に預けっぱなしにしておくよりは、定期預金、しかも退職金専用の定期預金を利用すれば、より効率的に堅実に運用が出来るのです。